春服はパステルカラーとベーシックカラー

MENU

春服はパステルカラーとベーシックカラーを上手に使い分けよう!

 

どんな色を選べば、おしゃれ見えするのか悩んでいませんか?

 

春の注目色は、透明感のあるパステルカラーとベーシックカラーです。この2大カラーを押さえておけば、春服コーデはさらにブラッシュアップされますよ。

 

パステルカラー

淡くてナチュラルな発色のパステルカラーを、ワントーンや白と合わせて取り入れると、クリアな印象で透明感が生まれます。

 

ピンク

春はやっぱりピンクが気になりますね。ベビーピンクは女性にとって憧れと、特別な可愛さを表現してくれる色です。ほんのり桜色のピンクで、フェミニンなコーディネートがいいですね。Vネックニットに、ピンクストライプのミニSKを合わせて、足元はきれいめグレーのサンダルで上品コーデに仕上げます。

 

イエロー

差し色としてイエローをデザインに取り入れるブランドも多数ありますね、シンプルニットに、きれいなレモンイエローのガウチョパンツで春の上品スタイルが完成です。

 

ブルー

デニムとの合わせで、お洒落な濃淡カラーを楽しめるブルー。グレイッシュブルーから、澄んだ水色まで、豊富なブルーが揃います。ガーリーなシルエットでも落ち着いたブルーにすれば、甘くなりすぎない大人顔のコーデになります。

 

ミントカラー

適当な甘さで、誰でも着やすいミントカラーはクリーン雰囲気を出したい時に使う色。
Vネックのニットワンピも、ミントグリーンだと大人っぽく着られます。

 

ラベンダー

グレーグラデの次は、ラベンダーのグラデがきてます。白やシルバーとの相性がよくて、クールにキメたい時にも活躍する色です。

 

ベーシックカラー

洗練された印象になるベーシックカラーは、、カーキ、グレー、ベージュのベーシックカラーを上手使に使ってこなれ感をだします。春シーズンは重くなる黒はお休みします。

 

カーキ

シンプルなスカートをカーキにするだけで、一気に旬なスタイルになります。ミリタリーエッセンスを足すことで、いつものコーデがワンランクアップ。
カーキで、ミリタリーなデザインのシャツワンピも、1枚で着たりはおりにしたり活躍します。春の羽織りでトレンチを追加するなら、迷わずカーキを選ぶといいですね。

 

グレー

普通なのになんだかおしゃれに見えるのは、色の組み合わせ方次第です。洗練されて見えるのは、ベーシックカラーの組み合わせ方を工夫することです。色分けをハッキリさせないで、グラデーションになるようにコーディネートします。
同じグレーでも、彩度の違うものや異素材の組み合わせでグラデさせるのが簡単です。

 

ベージュ

肌と同化しがちなベージュは、ピンストライプなどのおとなしめの柄を選ぶと顔映りもよくなります。まろやかなベージュは、エフォートレスファッションに欠かせない色です。ゆったりしたシルエットのニットワンピなら、後ろ身頃が長め丈をセレクトするとこなれ感もプラスされます。